DAICHI WAKUI

photographer / graphic designer / art director

He was born and raised in Tokyo, JAPAN. He relocated himself to San Francisco, when he was twenty-two years old,  for studying in Academy of Art University. He was majored in New Media at his entering University. He found himself developing passion for photography at a young age and rediscovered this love during his time in San Francisco. As a member of S.I.R.(Surreality In Reality Collective), he helped organize group exhibitions as a venue to not only expose the voices of his community, but also seek other talented local artists. His works vary in approach tapping such elements as functional narratives, documentaries, to experimental projects… He is currently living in Taipei, TAIWAN and Tokyo, JAPAN going back and forth, offering his photography skills as well as his many other talents for freelance hire in many other countries.
 

涌井 大地

写真家 / グラフィックデザイナー / アートディレクター

東京に生まれ育つ。彼が22歳の時、アメリカのアートスクールで勉強をする為に遅咲きながらサンフランシスコにあるAcademy of Art UniversityにてNew Media学科を専攻。彼は小さい頃から写真が好きではあったが、サンフランシスコ留学時代にその情熱に想いを馳せ始める。当時サンフランシスコで結成されていたクリエイティブ集団”S.I.R.(Surreality In Reality Collective)”の一員として、多くのアートショーを開催・自作品の展示を行っていた。ショーは成功していたが、自分の声を届けるだけではなく他の才能のあるアーティストの発掘にも重きをおいていた。彼の表現手法は様々ではあるが、作品はどれも物語としての機能を果たし、あたかもその実写を経験しているかのようだ。日々の一節を違う視点からドキュメンタリーにしたような写真が多く見受けられるだろう。彼は現在台湾の台北市と東京を行き来する形で住んでおり、日本と台湾のみならず、写真・その他彼の持っている才能を生かす仕事を各国で受けている。
 
 
 
 profi

Leave a Reply